FC2ブログ
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

スポンサーサイト 

CATEGORY【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackgack -- |  Comment --  | 編集

深崎暮人氏画集発売記念サイン会に行ってきました 

CATEGORY【雑記

今月は買うソフトがないので代わりに9、10日と連日参加してきたイベント
についてレポしたいと思います。
体験版記事についてはストックしている「星の王子くん」が地雷確定ですが
あまりにひどすぎるので書きません。
2月分については「初恋予報」「太陽のプロミア」「姫様限定」を予定して
いますがどこも新規メーカーなので延期覚悟で体験版の公開をお待ちください。

____________________________________

2010/12/23発売の深崎暮人氏の画集『Cradle』(限定版も一部店舗で先行販売)
の発売記念として企画されたサイン会に行ってきました。
会場はGAMERS難波店地下一階、日取りは1月9日。

最初サイン会は秋葉原だけかなと思っていたのでろくに調べてなかったのですが
お仲間さんがTwitterで整理券を入手したとのつぶやきを受けて
翌日朝一でアニメイト日本橋に並んで入手(このとき12/22)。
アニメイトでは12/16から予約者に整理券渡していたらしいのですが
予約期間が短かったからかアニメイトの予約がしにくいからか
残っていて助かりました。

eve110109a.jpgeve110109b.jpg

一枚目の写真の右下がサインして頂いた画集とその時貰ったカレンダー
今回は画集の表紙めくったところにサイン(限定版・通常版問わず)
なので別の会場で参加される方は注意して下さい。

宛名に関しては特に制限はなし
サインしてくれている間二言三言深崎さんと会話できる間があるのですが
結構みんななごやかにお話していました。
自分は、「関西の同人イベントには参加されないのですか?」と伺ったのですが
そうしたらえらい力強い声で「したいです!」と言われましたね。
同様の質問を何度もされてキレかけていたのか、イベントに参加したいという
気持ちが強かったのか判断つきかねましたが大阪にくるのが初めてで
これからもっと大阪に来る機会があればな的な事をおっしゃってました。
コミトレの名前が挙がったので、早ければ夏のトレジャーでお目見えする
機会にありつけるかもしれません。同人好きには朗報だろう。


後がつかえているので会場からはすぐに退散しましたがその時頂いたものの
中にアールジュネスのプレゼント引換券が入っていたので向かうことにしました。
深崎さんの大阪での版画展は20~24日なので何でアールジュネス?と
思ったのですがこのイベントに合わせて先行展示してたみたいです。
こういうとこでしっかり連携とってくるあたりやり手ですね、感心しました。
ただあくまで先行、実際展示されたたのは3,4点と少なかったので
物足りなかった。都合が合えば展示会行ってみたいですね。

引換券で貰ったのが写真一枚目の左上。中身は二枚目。
でかい方の本は星座をモチーフにしたイラストを描いてもらったもの。
何故か13星座
寄稿して下さったのは
鈴平ひろさん・西又葵さん・沖麻実也さん・小林智美さん・
CARNELIANさん・KEIさん・カントクさん・天夢森流彩さん・
深崎暮人さん・氷栗優さん・梱枝りこさん・しろさん・てぃんくるさん
で、てぃんくる氏のみメンバー専用(なんでやねん!)
どれもしっかり描かれてるんで見ごたえあります。

もう一つはジュネスと取引のある作家さんの代表作をポスカにした感じのもの
(全員ではありませんが)
これ見るとKEI氏とカントク氏が伸びてきてるんですね。
エロゲしかやってないと時代の流れに取り残される、困ったもんです。

あと写真の左下は言わずと知れた翡翠亭の冬コミ新刊。買ったのは翌日ですが。
イベント用はこれとは装丁が違うらしくそっちが欲しかったんですが
コミトレ行くのがしんどいのでこちらで我慢しました。ゆえに今回も不参加
お仲間さんがスケブ描いて貰ってるのみたりすると羨ましくも思うのですが
お気に入りの作家さんはスケブNGどころか同人やってない人もいるし
最近の競争率の高さに辟易してるんでどんどん縁遠くなってる。
こうなると悪循環に陥るのでいつかパワーを取り戻さんとなー!!!

さて次回はぶるくす発売記念イベントのレポです。

コメント

この記事へのコメント
コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。