FC2ブログ
はつドラ合同バナーキャンペーン開催中

スポンサーサイト 

CATEGORY【スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackgack -- |  Comment --  | 編集

「さくらシュトラッセ」 

CATEGORY【体験版

2007年度もっとも楽しみにしてた作品がついにきた訳ですが
マリーの料理シーンを覗く前と後で印象がガラッと変わったなぁ

プレイ開始しばらくはメチャクチャ楽しかった。
今年プレイした体験版ではキラ☆キラとこれが飛びぬけていたね。
キャラデザも素晴らしいんですが、この作品は声優がすごいマッチしてる。

マリーにはいじられキャラがよく似合う佐本さん
MagusTaleに引き続きぽやっとした感じがいい。

かりんにはクセのない声の桜川さん
上から目線の姉御役の似合う風音氏が優佳役で
この二人の波状攻撃はイヤでもテンションが上がるってもので。

ルゥリィ役の井村屋さんは南家の千秋に感じが似てて愛らしい。

そしてこれだけ役者が揃っている上にさらにキャラが動く動く
立ち絵のバリエーションが豊富で(後姿まであるのはこれくらい?)
汗とかのエフェクトも細かくてホントによく作りこまれてます。
動くだけならタイムリープも動きはするけど、あちらは少々鬱陶しく感じる時があるけど
こっちはそうはならない。とにかく楽しかった。途中までは・・・

問題はマリーの料理シーン覗いた後
そこから急に飽きがきてしまってダレた。
シナリオ上盛り上がらない部分に入るんだが、演出もワンパターンに感じられて
そのまま最後までいってしまいそうな雰囲気があったから不安だった。
まぁマリーと仲直りして元の雰囲気には戻るんだけどね。
その辺りで体験版終わるんで結局満を持してお勧めできる。とは言いがたくなってしまいました。

次回は「月と魔法と太陽と」②の予定

「月と魔法と太陽と」「氷花ノ幻夜」 

CATEGORY【体験版

「月と魔法と太陽と」「氷花ノ幻夜」のTGバージョンです
両方ともプロモ程度の内容だったのでサラッといきます。

「月と魔法と太陽と」は2話と3話の間の話で梢からみた「グリモワール研究会」発足の
いきさつと会の日常の様子を描いたものです。
雰囲気は軽いです。登場キャラ全員が陽気だったり交戦的なキャラなので
テンポがいい。
逆に演出面は「間」が悪いので損をしてる感じです。
ここのか氏の絵は薄いんで(はぴマは好きですよ)ビジュアル面で魅力を感じないかな
と思ってましたが梢は綺麗だし、公式HPのリリーのイベントグラもいい感じなんで
興味が出てきました。
今後も追跡していこうと思います。

「氷花ノ幻夜」は幼馴染を傷つけ街を離れた主人公が2年半経って帰ってきた
という設定から始まります。
第一印象は「寒そう」、でした。家とか雪に覆われてつららとか生えてて
見てるだけでも寒くなる・・・。そんだけ背景は綺麗に描けてるんですが
キャラはお察し下さい、な出来です。お察し下さい。
ストーリーは後ろめたさのある主人公に、以前のように普通になついてくる、
でも怨みも持ってる?幼馴染+その他とのやりとりなんで好みが分かれると思いますが
文章は非常にうまいです。全てを書き出すんじゃなく読み手にある程度思考させる
書き方をしてるんで読み応えがあります。
音楽も作品の雰囲気を引き立てていい出来だと思いました。
絵師さえ良ければ・・・・・。・・・良くても重そうな作品だから回避してるか。

次回は「さくらシュトラッセ」の予定

「タイムリープ」 

CATEGORY【体験版

3回目はフロントウィングの「タイムリープ」TGバージョンです。

本作の最大の特徴はキャラクター描画が3Dになっている点ですが、
テクスチャに光沢感をもたせていないので、よくあるMMOのようなキモイグラフィックではなく
見た目は2Dのキャラが動いているように見えるので、3Dに抵抗のある方でも
十分に受け入れられると思います。
起動時に解像度選択があり、640、800、1024、1280の4つから選択するのですが
低解像度を選ぶとテクスチャの枠のギザギザが目立つのでお勧めできません。
(800×600フルスクリーンではとてもじゃないけど見れたものじゃなかった)

で、実際なにがどう変わるというと、立ち絵とイベントシーンでキャラが動くと
いうだけです。
立ち絵の時は感情に合わせていくつか動きのパターンを用意してるんで
シナリオとあえば臨場感のあるものになるのですが
会話の長いシーンで同じ動きを交互に繰り返しているだけで、必要以上に動くので
(そわそわしてるみたいで)鬱陶しいと感じるところもありました。
イベントシーンについても、イベントの入り方や数は従来通りで2Dと同じです。

さてゲーム本編ですが、結論から言うと良いか悪いか分かりかねます。
主要登場キャラとして
横暴な姉上の「歩」
主人公になついてる妹「悠」
控えめで穏やかな姉の「遥」
の3人がいるのですが、主人公含め全員が孤児で寺で一緒に暮らしているので
風太とさくらを合わせて雰囲気が非常に@ホームなんです。
舞台設定の田舎の風景と合わせて、それはもう@ホームです。
とても「エロゲくさくない」んです。
普通の家族に抱く感情のまま物語が進んでいき、そして本作のタイトルでもある
タイムリープによって過去から現代へ飛ばされた歩と出会いこの後どうなるのか・・・

という所で体験版が終わるので、4人のキャラクターにどう恋愛感情を抱いていくとか
歩むがタイムリープしてきた事でどういう物語が紡がれていくのかまったく不透明なので
作品を見極めるにはもう少し先まで欲しいと思う体験版でした。

次回はかみぱに!が延期になったので
「月と魔法と太陽と」と「氷花ノ幻夜」のTGでお送りします。

「Clover Point」 

CATEGORY【体験版

2回目は個人的に超期待の「Clover Point」 TGバーション(音声なし)です。

音声なしなので少々雰囲気が掴みにくかったですが、想像していたより
遥かにキャラクターが魅力的で、逆にシナリオは想像していたよりシリアスな
部分があって期待と不安の残るものになっていました。

物語は寮生中心で行う演劇会に向けての練習のシーンから始まります。
副監督の「恋路橋」が指導するなか、ヒロインの「真星」が練習しているのですが
(体験版中の真星ちゃんの見所はこの演劇の部分と寮の掃除と差し入れの時くらいです)
恋路橋が友人に頼んでいる劇の台本がなかなか上がらず、出演者達から不満の
声があがっているところに監督の「月音」がやってきて
伝説の台本が見つかった と言って台本を差し替えてしまいます。
台本が差し換わってキャストを集めなければならなくなり、勧誘員に駆りだされたのが・・・
「天川 祐真」、主人公です。
ランニング中に(ここで「シロツメ」さんとfirst contactがあります)月音からよびだされ
学園に向かうのですが、その途中である少女と出会います。
そして学園で月音から要求をつきつけられ、寮に戻った後に再度少女と遭遇する事になります。
その少女が劇の新ヒロインになる「小鳥遊 夜々」です。

夜々を勧誘して劇に出演してもらい、人付き合いの苦手な彼女の練習に付き合いながら
別のキャストの勧誘をしつつ、時折現れるシロツメさんに助言をもらいながら
3週間の日々が過ぎ劇の本番を向かえ見事成功を収める
その部分まで体験版ではプレイできます。

体験版だけでも結構な量がプレイできるんで細かくは紹介できないですが。
シナリオはプレイしてて違和感がないです。飽きがこないというか。
舞台はほぼ学園と寮で占められるのでそこを往復するだけなのですが
色々なキャラクターとのエピソードがバランスよく入るので、中々楽しめます。

そしてキャラクターがいい
人見知りが激しいけど どんな事でも前向きに頑張ろうとする「夜々」ちゃん (一番のお気に入りです)
女の子らしくてちょっとドジな「真星」ちゃん
女王様タイプの「月音」
そして黒いです、真っ黒な「美緒里」(今回一番のダークホースかも)
ぱっと見妖精のようで、めちゃくちゃホステスっぽい「シロツメ」さん
みんなキャラが強烈に立っているんで、引き込まれていきます。
この辺りは是非プレイしてみてほしいです。

そして体験版の最後にある主人公の謎の記憶と、今回出てこなかった
クローバーガーデンがどう繋がるのか、この辺りが製品の出来を左右しそうです。

次回は「タイムリープ」の予定ですが、「かみぱに!」の体験版が公開されればかみぱにでいきます。

「FairChild」 

CATEGORY【体験版

栄えある第一回目は「FairChild」体験版◆プロローグ編◆

公開自体はかなり前からしていたようですが11/30にプレイ。
序盤一日だけプレイできるという事なのですが
ぶっちゃけると短すぎて、良し悪しをみる程度まではいきませんでした。
大まかな流れとしては、朝起きて教室に着くまでに
恋鳥、こころ、とばり、朔夜、悠姫の順に登場し
昼休み、放課後のキャラクターセレクトで各キャラのエピソードを楽しむようになっています。

プレイしてまず最初に目についたのはとばり
恋鳥、こころは典型的な幼児キャラ、お姉ちゃんキャラなのですが
このとばり、大金持ちのお嬢様で番傘を日傘代わりに使うちょっと変わった趣味の持ち主
口調も「わらわ」と女王様系かと思いきや、それがそうでもなく、品があり
でも恋鳥に対してはS気まんまんだったりと一癖もふた癖もある味のあるキャラでした。
なるほどヒロイン人気投票1位獲得も納得です。

その次に目についたのが朔夜
こいつはもうそれは立派なツンデレです。はい
昼休みのキャラセレクトで朔夜を選択すると、恋鳥、水瀬と4人で弁当を食べる事になるのですが
「なんでコイツと一緒に食べないといけないのよ」みたいな事を言いながら
ちゃっかりテーブルを囲って動こうとしません。見事なものです

その後、放課後のセレクトも朔夜を選択
主人公の叔母が経営してるカフェテラス(学校の敷地内にある)
で主人公とこころが手伝いをしてるところに、朔夜ほか数名がやってきて
こころが朔夜に試食を頼んで~(料理上手のこころタン可愛い>< 最高です)
と続くのですが和気藹々としていて、学園ものならではの楽しさを感じました。

とここで体験版は終わるのですが、各キャラの初登場時にアップスクロールで登場させるなど
演出面でも凝っているので、なかなか楽しめそうな気がしました。
・・・・・プレイする時間とれるかなぁ(予約はしてあるんだけどね)

次回は「Clover Point」の予定です

仮設開設 

CATEGORY【はじめに

とりあえず今日から仮オープンする事になった本サイトですが
仮設のプレハブ状態なんで耐震性0ですw
いつ壊れるか分かりませんが、どうぞお付き合い下さい。

はじめにという事で、このサイトの方針についてですが
TOPにあるように美少女ゲームのプレイ日記になっています。
ただ、アニメ、ラノベ、ネトゲ、エロゲ掛け持ちなんで
今のところ一月に1ゲーム1キャラクリアがせいぜいなんで
正直製品版のプレイは絶望的な状態
主な内容は発売直前タイトルの体験版になるかと思います。

いちいち体験版プレイするのメンドクセーと思ってる方は覗いてやって下さい。
それ以外の間違って踏んじゃった方は、せめてバナーだけでも見て帰ってくれるとありがたいです。
それではよろしく~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。